イタリア生活

イタリアの水と日本の水の違い

<スポンサードリンク>

イタリアで暮らす際、気になることの一つ。それは水道水って飲めるの?ということ。日本では大抵の場合、水道水は問題なく飲めますよね。

 

東南アジアなどのように、国によっては水道水はお腹を壊すので絶対にミネラルウォーターを購入するよう勧められますよね。それではイタリアの水道水は?

 

私はミラノに住んでいますが、基本的にみんな水道水をそのまま飲んだり、料理に使ったりしています。ただ、正直イタリアの水は日本の水とはだいぶ異なります。

 

イタリアの水と日本の水にはどのような違いがあるのか?また、ミネラルウォーターを選ぶ際にはどのように選べばいいのか?イタリアに初めて暮らし始めたあなたでも困らないよう、詳しくご紹介します。

<スポンサードリンク>

イタリア日本の水にはどんな違いがある?

イタリアと日本の水の違い1つ目。イタリアの水道水には、石灰が多く含まれています。石灰といってもイメージがわかない人が多いのではないでしょうか。分かりやすく説明すると、イタリアの水道水を蛇口から出すと白っぽく濁っているんです。

 

お湯を沸かすと、白い沈殿物が浮いてくるなんて光景もよく目にします。私もイタリアで生活し始めた際、娘のほ乳瓶を毎日洗って乾かしていたら、次の日にはほ乳瓶の中に真っ白い粉が残っていたのにびっくりしたのを思い出します。また、アイロンに水を入れて使用すると、白い粉が洋服についてしまったり。

 

何これ??こんな水を飲んで、健康に問題ないの?と不安になったものです。イタリア人が毎日飲んでいて問題ないのだから、健康に害を及ぼすことはないでしょうが、やはりちょっと心配ですよね。私もどうしても白い濁った水道水を飲むことに抵抗があり、こんなものを購入しました。

 

「BRITA ブリタ」

日本でも販売されているので、名前をご存知の方もいるかもしれません。私が購入したのはポット式のブリタ。水道水を中に入れると、水をすぐに浄水してくれます。毎日料理を作る際に使っています。ブリタを使用すると、緑茶などもとっても美味しくできますよ^^フランスに暮らしている私の日本人の友人もブリタ使っていると言っていました。やはり、海外生活では欠かせないですね。

 

そして、2つ目の違い。水の硬度が違うということ。硬度って何?と思われた方。硬度とは、水の中に含まれるカルシウムマグネシウムの量のことを言います。

 

日本の水は一般的に軟水と言われています。なぜかというと、水に含まれるカルシウムやマグネシウムの量が少ないから。一方で、イタリアの水は一般的に硬水と言われています。イタリアの水にはカルシウムやマグネシウムの量が多いんですね。

 

胃の弱い人なんかは、ヨーロッパ旅行で日本の軟水から硬水に変わったせいでお腹を壊してしまったなんて話もよく聞きます。でも大丈夫ですよ!イタリアでも日本同様の軟水のミネラルウォーターも手に入るんです。イタリアでも赤ちゃんにはできるだけ軟水を飲むことが推奨されていますからね。日本のように軟水のミネラルウォーターを一つご紹介しましょう。

 

その名も「Sant’Anna サンタンナ」

私も娘が5か月の時にイタリアにきたので、できるだけ日本に近い水でミルクを
作ってあげたいと、サンタンナを
よく利用していました。

 

こんな感じで赤ちゃんにお勧めのミネラルウォーターには赤ちゃんの写真か絵が載っています。

 

ちなみに、イタリアで硬度が高いか低いかをチェックしたい場合は、「Residuo fisso」と書かれている欄を見てみれば良いですよ。この「Residuo fisso」は正確に訳すと「蒸発残留物」といいます。水を蒸発させた際、どれぐらいのミネラル成分(カルシウム、マグネシウム、ナトリウム等)が残っているか調べるんです。

 

水を蒸発した際、残留物が多いもの=硬度の高いものとなるわけです。ですので、イタリアで硬度の低い水を選びたい場合は、「Residuo fisso」の数値の低いものを選べばいいという訳。ちなみにサンタンナのResiduo fissoは22とかなり低め。

 

他にもこちらの水は硬度低めです。

・LEVISSIMA(レヴィッシマ)→80.5
・Nestle VERA(ネスレ ヴェラ)→162
・SAN BENEDETTO(サンベネデット)→264

 

イタリアで日本のような軟水が欲しい場合は、これらの水をぜひチェックしてみるといいですね。

まとめ

イタリアと日本の水の違いをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?私はイタリアで住み始めた際、正直水の違いに困惑しました。娘がまだ5か月だったこともあり、ミネラルウォーターを購入するのでさえ悩み色々と調べました。

 

この記事が私と同じようにイタリアに住み始めるあなたの少しでもお役に立てば嬉しいです。

<スポンサードリンク>