イタリア生活

クリスマスツリーを家に飾るのはいつから?

<スポンサードリンク>

毎年クリスマスの時期になると家やショッピングセンターなどに飾られるクリスマスツリー。飾りつけを見るだけでなんだかワクワクしてきますよね。

 

クリスマスツリーを家で飾るというあなた。いつ頃飾り始めていますか?11月ぐらいになったらクリスマスが近くなって来るので飾り始めるという人が多いでしょうか?それとも、毎年いつごろ飾り始めればいいか分からない!なんて悩みを抱いている人も多いのでは?

 

私の現在住むイタリアでは、クリスマスツリーを家で飾り始める日が伝統的に決まっているんです。びっくりしません?私はイタリアに暮らしてみるまで全然知りませんでした。今回はなぜイタリアでクリスマスツリーを飾る日が決まっているのか詳しくご紹介させて頂きます。

 

<スポンサードリンク>

クリスマスツリーを家に飾るのはいつから?

日本ではクリスマスはカップルで食事をしたり、友達とワイワイ楽しんだりする過ごし方が一般的ですよね?イタリアはまったく違って、クリスマスは家族と共に家で過ごすのが一般的なんです。日本のお正月をイメージしてもらえれば分かりやすいでしょうか?

 

クリスマスはキリスト教の最大宗派カトリックにとって大事なイベント。彼らの救世主とも崇められるイエス・キリストの誕生の日ですから。イタリアではカトリック教徒が多いため、クリスマスは彼らにとってとても大事な宗教的イベントとなる訳なんです。

 

そしてイタリアでは、家にクリスマスツリーを飾るのは伝統的に毎年12月8日と決まっています。なぜ12月8日に飾られるのか?そこにも宗教的な理由があるんです。

 

12月8日はimmacolata concezione(イマコラータ・コンチェッチォーネ)と呼ばれるイタリアの国民の休日。日本語に訳すと聖母マリアの無原罪のお宿りと訳されます。カトリックでない人には少し難しい言葉ですが、もう少し詳しく説明すると聖母マリアがすべての罪を免れながら彼女の母親の胎内に宿った日のことを言います。

 

そもそもすべての罪を免れるってどういうこと?と根本から難しいと思う人もいるかもしれません。これはキリスト教のアダムとイヴの話から知る必要があります。

 

アダムとイヴは神様が創造した最初の人間。その彼らが神様から禁じられていた善悪を知る禁断の実を食べてしまったんです。その為アダムとイヴは神様が彼らの為に設けた楽園エデンから追放されます。彼らは神様の命令を背くという罪を犯してしまったんですね。

 

結果、彼らの子孫とされる私たち全ての人間は、母親の胎内に宿りこの世に生まれた瞬間からこの罪を負うとされているんです。生まれた瞬間から罪があるとはなんとも切ない話。私の娘が小さいころにイタリアの教会で行った洗礼式は、この罪を洗い清めるという意味も込められているんですね。

 

全ての人間がアダムとイヴの犯した神様に背くという罪を負うと言いましたが、母親の体内に宿ったときからこの罪を免れていたというのが聖母マリアなんです。

 

聖母マリアという言葉はカトリック教徒でない人でも1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?クリスマスに誕生したとされるイエス・キリストの母親に当たる人物です。

 

イエス・キリストはキリスト教の始祖とされ、キリスト教の中の最大宗派カトリック教徒にとって救世主として崇められています。と言うことは、その母親である聖母マリアもカトリック教徒にとって非常に重要な存在であるということ。

 

12月8日の祝日immacolata concezione(イマコラータ・コンチェッチォーネ)は、その聖母マリアが母親の胎内に何の罪もなく宿った日ということですから、カトリック教徒にとって大切な日となる訳ですね。

 

カトリック教徒の多いイタリアでは、この大切な日に伝統的に家にクリスマスツリーを飾るのです。こちらは実際に今年の12月8日に私の夫の両親の家に飾られたクリスマスツリー。

80㎝もあるんですよ。とっても大きいですよね。私たちの家はもっと小さいので、ここまで大きいクリスマスツリーは置けませんが、もう少し小さめのものをしっかりと飾っています。

 

イタリアではクリスマスは家族と過ごす宗教的な大事なイベントな訳ですから、ほとんどと言っていいほど全ての家でクリスマスツリーを飾ります。きっと日本でお正月にしめ縄を飾るのと同じような感覚なのではないでしょうか。

 

飾りに使われるオーナメンは好きなものを選んでOK。自分たちでショッピングセンターやスーパーマーケットなどで購入できますし、結構クリスマスプレゼントとしてもらったりもします。(それを来年付け足す感じでどんどん増えていきます。)

 

クリスマスツリーの下にプレゼントもいっぱい置かれ、クリスマス当日の25日にそれを開けるといった感じです。日本のようにサンタクロースが枕元にプレゼントを持ってくるという習慣はありません。文化の違いって色々と面白いですね。

 

クリスマスツリーを家に飾り、大切な人々にプレゼントを準備したら、あとはクリスマスを待つばかり。

まとめ

クリスマスツリーを家に飾るのはいつから?ということで、イタリアでクリスマスツリーを飾る日とその重要性についてご紹介してきました。

 

国の文化や宗教が違うと同じイベントでも意味合いが異なってくるのでとても面白いことですね。この記事を最後まで読んで頂けたら、イタリアではクリスマスツリーを家にいつごろ飾るのか?を是非とも身近な人や子どもさんにお話ししてあげてみて欲しいです。日本以外の海外へ目を向けるきっかけになってきっと面白いはずですから。

 

<スポンサードリンク>