食べ物

美食の国イタリアで朝食を食べよう。

<スポンサードリンク>

パスタやピザ、そしてティラミスなど美食の国としても有名なイタリア。あなたはイタリアではどんな朝食が食べられているか想像できますか?

 

米や納豆ではないですよ。卵やハムでもない。イタリアでは、ブリオッシュ朝食で食べられるんです。ブリオッシュって何?と思った方もいるかな。

 

ブリオッシュとは小麦粉、バター、砂糖、卵で作られた甘いパンのこと。イタリアではコーヒーとともにブリオッシュを朝食に食べるのが定番なんですね。

 

イタリアに観光にくる人の大抵はホテルとパックのツアーで来ていることがほとんどかもしれません。ホテルの朝食は豪華ですが、甘いもの以外のチーズやサラミ系も置いてあったりして、日頃イタリアで食べている朝食とは違ったりするんですよね(もちろんホテルの朝食も私は大好きですが…)。

 

イタリアに旅行に来るなら、せっかくなら自分の足でBar(バール)を探し、ブリオッシュを食べてみて欲しい!バールでどんな朝食が取れるのかご紹介しますので、ぜひこの中から好きなものを探して実際に試してみて下さい。

<スポンサードリンク>

朝食の ブリオッシュの種類

イタリアの朝食を食べれる場所Bar(バール)。街の至る所に存在します。店自体は小さ目なことが多いのですが、中やテラス席で朝食を食べれるほか、コーヒーやお酒類等も飲むことができる場所です。

 

バールに朝行くと、大抵様々な種類のブリオッシュが置かれています。ブリオッシュには何も入っていないシンプルなものから、中にクリームが入っているものまで。

 

最もベーシックなのがこの4つ。

・cioccolato(チョコラート)
→チョコレートクリーム

・crema(クレマ)
→カスタードクリーム

・marmellata(マルメラータ)
→ジャム ※大抵アプリコット味です。

・vuota(ヴォタ)
→クリームなし

 

この4つの他にも、最近では次の味も流行りだしています。

・nutella(ヌッテラ)
→ハーゼルナッツとカカオクリーム

・pistacchio(ピスタキオ)
→ピスタチオ

・integrale con miele
(インテグラーレ コン ミエレ)

→ホールグレイン(全粒粉)のパン、はちみつ入り

・frutti di bosco
(フルティ ディ ボスコ)

→ベリー(ブルーベリー、ラズベリー、ストロベリー)

 

これは実際に私が家の近くで朝食を食べた際の写真です。左手がヌッテラ。右手がピスタチオ。中にクリームが入っています。私はバールに行くと、よくこの2つの味を選びます^^

 

そしてブリオッシュと一緒に頼むのが飲み物。どんなものがあるかと言うと…

・caffè(カフェ)
→エスプレッソ

・cappuccino(カプチーノ)
→エスプレッソに蒸気で温め泡立てたミルクを加えた飲み物

・caffè macchiato(カフェ マキアート)
→エスプレッソに蒸気で温め泡立てたミルクを少量加えた飲み物

・latte macchiato(ラテ マキアート)
→ミルクに少量のエスプレッソを加えた飲み物

・marocchino(マロッキーノ)
→カプチーノのサイズが小さいバージョン

・caffè decaffeinato
(カフェ デカフェナート)

→カフェイン抜きコーヒー

・tè(テ)
→紅茶

・spremuta d’arancia
(スプレムータ ダランチャ)

→オレンジの果汁を絞った生ジュース

・succo di frutta
(スッコ ディ フルッタ)

→フルーツジュース
アプリコット、ピーチ、洋ナシなどの味があります。

・acqua naturale
(アクア ナトゥラーレ)

→水

・acqua frizzante
(アクア フリッザンテ)

→炭酸水

 

これはカプチーノの写真。表面に模様が描かれていてかわいいですね。カプチーノはたいてい1~1.5ユーロ程。

 

観光バスでイタリア国内を移動する場合、AUTOGRILL(アウトグリル)というパーキングエリアに停まることがあるかもしれません。アウトグリルではほとんどの場合、MENU MATTINA(メニューマッティーナ)と呼ばれるモーニングメニューがあります。

 

メニューマッティーナには、ブリオッシュ、コーヒーまたはカプチーノ、オレンジ果汁を絞った生ジュースがついて、4~5ユーロ程。単品で頼むよりお得ですよ~!

 

せっかく朝食のメニューも分かったので、バーでの注文の仕方まで覚えちゃいましょう!

 

バーでの注文の仕方

イタリア語では名詞を使用する際、性と数を一致させる必要があります。それぞれ少しずつ言い方が異なるので、自分の頼みたいものの文章だけ覚えてしまえばOK!

ブリオッシュを注文

次のうち自分が頼みたいブリオッシュを選び、文章の後にper favore(ぺルファボーレ)という言葉を付け足してください。
※ぺルファボーレは日本語で「お願いします」という意味です。

 

・Una brioche al cioccolato
ウナ ブリオッシュ アル チョコラート

・Una brioche alla crema
ウナ ブリオッシュ アラ クレマ

・Una brioche alla marmellata
ウナ ブリオッシュ アラ マルメラータ

・Una brioche vuota
ウナ ブリオッシュ ヴォタ

・Una brioche alla nutella
ウナ ブリオッシュ アラ ヌッテラ

・ Una brioche al pistacchio
ウナ ブリオッシュ アル ピスタッキオ

・Una brioche integrale con miele
ウナ ブリオッシュ インテグラレ コン ミエレ

・Una brioche ai frutti di bosco
ウナ ブリオッシュ アイ フルッティ ディ ボスコ

※ピンクで囲んだところは前置詞と冠詞が一緒に性数一致しています。

 

飲み物を注文する場合

こちらも好きなものを選び、ぺルファボーレを付け足して注文してみて下さいね。

・Un caffè
ウン カフェ

・Un cappuccino
ウン カプチーノ

・Un caffè macchiato
ウン カフェ マキアート

・Un latte macchiato
ウン ラテ マキアート

・Un marocchino
ウン マロッキーノ

・Un caffè decaffeinato
ウン カフェ デカフェナート

・Un tè
ウン テ

・Una spremuta d’arancia
ウナ スプレムータ ダランチャ

・Un succo di frutta
ウン スッコ ディ フルッタ

・Un’acqua naturale
ウナァクア ナトゥラーレ

・Un’acqua frizzante
ウナァクア フリッザンテ

 

もしピスタチオ味のブリオッシュとカプチーノを頼む場合、

 

Una brioche al pistacchio e un cappuccino, per favore.
ウナ ブリオッシュ エ ウナ カプチーノ ぺルファボーレ

 

となるわけですね。

※文中のeは日本語の「~と」を表す意味です。

 

これでバーに行ってブリオッシュと飲み物を注文することができますね^^
ほとんどのバーが、レジのところにブリオッシュを置いているので、まずはレジに行き注文してお金を払って下さいね。

まとめ

イタリアの朝食の定番ブリオッシュと飲み物の様々な種類を紹介してきました。食べてみたい味は見つかりましたでしょうか?

 

イタリアにせっかく来るなら、イタリア人同様ぜひバールで朝食を取ってみて下さい。

 

イタリアは今日が日曜日。私も家族が起きたら、バールでブリオッシュとカプチーノの朝食にしようかな^^

 

<スポンサードリンク>