旅行

オーストラリアのエアーズロックは人生で一度は訪れて欲しい場所!

晴天のウルル
<スポンサードリンク>

「人生で一度は訪れて欲しいお勧めの場所はどこですか?」

 

こんな質問をされたらあなたはどこを選びますか?

 

海外旅行が好きで、今までに20ヶ国程訪れてきた私が選ぶのはオーストラリアエアーズロックです。

 

プロフィールでも少しお話していますが、私は20代後半にオーストラリアへワーキングホリデーへ行きました。その時に出会ったのがエアーズロック。

 

今でも鮮明に覚えているウルルの大自然。本当に壮大で美しく、見た瞬間心を奪われました。

 

今回はエアーズロックでガイドをした経験のある私が、なぜエアーズロックをお勧めするのか実際の写真と共に見ていきましょう。

 

私の所属している「みらいサロン」メンバーの人生で一度は訪れて欲しいお勧めの場所も後にご紹介していますので、合わせて読んでみて下さいね^^国内・国外それぞれ視点が違い、ぜひ行ってみたいと思う場所ばかりです。

 

当企画は「みらいサロン」オーナーのMiraさん監修のもと行われたサロン企画です。記事のシェアにつきましては、サロンメンバー間のみで行っています。企画に参加したい方は、サロンで一緒に活動しませんか?

「みらいサロン」は2018年7月にカリフォルニア在住の主婦ブロガーMiraさんが発足したサロン。メンバーはお互いを助け合う頼もしい人ばかりです。共に成長したいという方は【ブロガー向けオンラインサロン「みらいサロン」発足!/みらログ】をご一読の上、MiraさんにツイッターでDMしてくださいね。

<スポンサードリンク>

エアーズロックとは?

虹のかかるウルル

エアーズロックは正式名称をUluru(ウルル)と言います。(※以下文章内ではウルルと表記します。)オーストラリア中心部にあるウルル・カタジュタ国立公園内にそびえ立つ世界最大級の一枚岩です。上に映っているような写真をあなたも一度は見たことがあるのではないでしょうか?

 

ウルルは隣町(アリススプリングス)まで450㎞ほどの距離があります。450㎞って想像できますか?車で約6時間弱かかるんです!街からは遠く遠く離れた場所に位置しているのです。

 

そんな場所になぜ人々が惹きつけられるのでしょうか?現地で実際に見て頂くと納得頂けるかと思うのですが、とにかく自然の偉大さが半端ないのです。

 

ウルルの見どころ

スパークリングワインの逆さウルル

ウルルの見どころは何といっても、巨大な一枚岩が様々な表情を見せてくれるところ。見る場所、時間、天候、季節によって見え方が全く異なり、間近で見ると本当に感動します。運が良ければ真っ赤に染まるウルルや、虹のかかったウルルを見れることも。

 

日の入りがスパークリングワイン付のプランなら、スパークリングワインの中に逆さウルルを映すなんていう楽しみ方もできます。

 

ウルルと共に見える日の出

日の出の瞬間も幻想的。建物もほとんどない国立公園内。地平線から顔を出す日の出は言葉が出ないぐらい美しいです。日頃の悩みなんて吹き飛んでしまうほどパワーをもらえます。

 

カタジュタとは?

カタジュタとは、ウルルと共に国立公園内にある巨大な岩です。ウルル・カタジュタ国立公園の名前の一部にもなっていますが、初めて聞いたという人も多いかもしれませんね。

 

カタジュタの散策

ウルルの一枚岩とは違い、カタジュタは数多くの岩から形成されています。岩の種類も違うので、違いを見ながら歩いてみると面白いですよ。これだけの岩が人間の手は一切加わらず、自然にできているというからすごいですよね。

 

エアーズロックリゾートでの夜の楽しみ方

ウルルの夕焼け

夕焼け鑑賞後にお時間のある方は、リゾート内にあるアウトバックパイオニアホテルに行くことをお勧めします。野外に飲食スペースがあり、音楽もかかりワイワイした雰囲気を楽しむことができます。

 

辺りが暗くなったら、ホテル敷地内にある展望台に行き、空を眺めてみましょう。北半球の日本では見ることのできない南十字星をみることが出来ます。数えきれない程の星が降ってくるかのように見えます。

 

大切な人と行くなら、星に名前をつける贈り物をするとロマンチックかも^^)


世界に一つだけ、星の贈り物
オーストラリアの天文台公認!

 

ウルルのツアーに参加するには?

ウルルを楽しむならやはりツアーに参加するのがベスト。資格を持ったガイドのみが国立公園のガイドを出来る為、ガイドブックには載っていないような情報まで知ることができます。

 

日本の旅行会社を通してツアーに参加するのが一番分かりやすいです。シドニーやケアンズといった有名都市とセットになったツアーが多いと思います。

 

日本旅行JTBクラブツーリズムH.I.S.などの有名旅行会社が取り扱っているので、ツアー内容や値段を比較して決めるのが良いでしょう。

 

日本でもニュースになりましたが、ウルル登山は2019年10月26日から禁止されることになりました。神聖な地に足を踏み入れて欲しくないという先住民の思いが届いたのですね。もし禁止前に登山を考えている方がいましたら、海外旅行をする上で是非とも心得ておきたいこと。の記事を読んで今一度考えて頂ければ嬉しいです。

 

ハエ対策

迫力あるカタジュタ散策

夏の時期にウルルに行く場合は、ぜひともハエ除けネットを準備して下さい。暑い時期は尋常じゃないぐらいハエがいます。話しているとハエが口に入ってしまうことも。オーストラリアは紫外線も強いのでUV使用の帽子とセットになっているものがお勧めです。

created by Rinker
monoii(モノイー)
¥1,580
(2018/11/18 20:30:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

また、ウルルでは結構歩くことになると思うので、日頃から使い慣れた歩きやすい靴を履いて行くことをお勧めします。

 

サロンメンバーの記事のご紹介

熊本の白河水源

*人生経験をシェアしよう。一度は訪れて欲しい場所。【熊本の白川水源】

熊本の白川水源をお勧めしているのはぽんさん。名水百選にも選ばれているという湧水。写真を見るだけで美しさが伝わってきます。水の音を聞いてリラックスするのも良し、美味しい水を持ち帰るのも良し。様々な楽しみ方がありますね^^

 

パラオ、モロッコ、広島、長崎

人生経験をシェアしよう。死ぬまでに一度は訪れてほしい場所

国外・国内合わせて4つの場所をお勧めしているのはLapisさん。素敵な結婚写真を撮ることもできるというパラオ。ラクダに乗って砂漠を歩くことのできるモロッコ。原爆について改めて考えさせられる広島と長崎。どこも魅力的なとこばかりです。

 

北海道の神威岬

人生で一度は訪れてほしい場所。神威岬に広がる青い海と新鮮なウニ丼!

北海道の神威岬をお勧めしているのはノイさん。岬の先端までの道のりで見える景色は絶景そのもの。実際に歩いてみたらどれだけ美しいか想像できます。美味しいウニ丼の食べれるお店も紹介してくれています^^次回北海道に行ったらぜひとも訪れてみたい!

 

タイ

微笑みの国タイは人生で一度は訪れて欲しい場所

タイをお勧めしているのは美堂さん。タイの中での1番のお勧めスポットは必見です!タイへ訪れたことのある私もまた行きたくなりました。1年に1度行われるコムローイ祭りも生で見ることができたら感動すること間違いなし!

 

山形の羽黒山

人生で一度は訪れてほしい場所。究極のパワースポット 羽黒山

山形の羽黒山をお勧めしているのはmanaさん。現世の幸せを願うという羽黒山。記事を読み私も是非とも訪れてみたいと感じました。緑に囲まれた階段を一歩一歩進むことで、自分をしっかりと見つめなおすことができそうです。

 

東京の日原鐘乳洞

「暑さで死ぬ前に訪れて欲しい場所」日原鍾乳洞に行ってきました!

東京の日原鐘乳洞をお勧めしているのはヨス&トモさん。幻想的な空間を楽しめる日原鐘乳洞。日本の暑い夏を逃れ、ひんやり涼しい洞内を散歩してみてはいかがでしょうか?

 

神戸メリケンパーク

人生で一度は訪れてほしい場所|神戸メリケンパークでほっと一息

神戸メリケンパークをお勧めしているのはみちこさん。写真からすごくお洒落な場所だということが伝わってきます。青空の広がる日に、海を眺めながらゆっくり歩くと心が癒されそう。一度訪れて「THE 神戸」の写真を撮ってみたいものです。

 

ハワイ

海外に興味がない人にもおすすめしたいハワイ

ハワイをお勧めしているのはへもさん。海が抜群にきれいなハワイ。リラックスするのも良し、ショッピングを楽しむのも良し、へもさんのようにブライダルフォトを撮るのも一生の思い出になりますね。

 

まとめ

ウルルの朝焼け人生で一度は訪れて欲しい場所ということでオーストラリアのウルルをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

 

通常イタリアの記事をメインに書いている私ですが、私の人生の転機ともなったこのウルルの魅力をぜひともお伝えしたいと考えていました。記事を読み、実際にあなたが訪れるきっかけになれば幸いです。

 

最後になりますが、今回のこの記事は私が参加している「みらいサロン」の企画記事として誕生しました。サロンメンバーは日本国内、海外と住んでいる場所も皆バラバラの為、ぜひメンバー皆さんの人生経験をシェアできるような企画が出来ればと提案させて頂きました。

 

企画作成に当たりたくさん助けて頂いたオーナーのMiraさん、ありがとうございました。

 


インスタグラムのフォローはこちらから

<スポンサードリンク>